社外評価

ESGインデックス等

主な選定・認定

FTSE Blossom Japan Sector Relative Index

大成建設は、FTSE Blossom Japan Sector Relative Index構成銘柄に初選定となりました。各セクターにおいて相対的に、環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業のパフォーマンスを反映するインデックスで、セクター・ニュートラルとなるよう設計されています。また低炭素経済への移行を促進するため、特に温室効果ガス排出量の多い企業については、TPI経営品質スコアにより改善の取り組みが評価される企業のみを組み入れています(2022年4月)。

FTSE Russell (FTSE International Limited と Frank Russell Companyの登録商標)はここに大成建設が第三者調査の結果、FTSE Blossom Japan Sector Relative Index組み入れの要件を満たし、本インデックスの構成銘柄となったことを証します。FTSE Blossom Japan Sector Relative Indexはサステナブル投資のファンドや他の金融商品の作成・評価に広く利用されます。

MSCI ESG Leaders Indexes

米国のMSCI社が開発したインデックスで、特にESG(環境‧社会‧ガバナンス)に優れた企業を選定したものです。(2022年6月)

MSCI指数への大成建設(株)の組み入れ、及びWEBサイトにおけるMSCIのロゴ、商標、サービスマーク、指数名称の使用は、MSCI及び関係会社による大成建設(株)の後援、推奨あるいは広告宣伝ではない。MSCI指数はMSCIの独占的財産。MSCI及びMSCI指数の名称とロゴは、MSCI及び関係会社の商標もしくはサービスマークです。

MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数

米国のMSCI社による時価総額上位500銘柄を選出した「MSCIジャパンIMIトップ500」を親指数に、業種内で相対的にESGが優れた企業評価の指数。新設当初の2017年より継続選定されています。(2022年6月)

MSCI日本株女性活躍指数

「MSCIジャパンIMIトップ500」を親指数に、業種内で性別多様性に優れた企業評価の指数。新設当初の2017年より継続選定されています。(2022年6月)

S&P/JPX カーボン・エフィシェント指数

日本取引所グループ、東京証券取引所及びS&Pダウ‧ジョーンズ‧インデックスが共同開発した環境指数。新設当初の2018年より継続選定されています。(2022年6月)

SBT認定取得

大成建設の温室効果ガス排出量の2030年削減目標が、温室効果ガス排出削減に関する国際的イニシアチブにより「SBT(Science Based Targets)」に認定されました(2019年2月)。

CDP

国際環境非営利団体CDPより、気候変動対策にかかる、温室効果ガス排出削減、気候リスク緩和などの取り組みが評価され「気候変動A-(マイナス)」評価を受けました(2021年12月)。また、CDPのサプライヤー・エンゲージメント評価において、「サプライヤー・エンゲージメント・リーダー」に2年連続で選定されています(2022年2月)。

SOMPOサステナビリティ・インデックス

SOMPOアセットマネジメント㈱によるESG評価です。当社は、SOMPOサステナビリティ・インデックスの構成銘柄に選定されています(2022年6月)。

サステナビリティ

PAGE TOP