大成建設グループのサステナビリティ

理念体系とサステナビリティ基本方針

大成建設グループは、「人がいきいきとする環境を創造する」という「グループ理念」、及びグループ理念を追求するための「自由闊達」、「価値創造」、「伝統進化」という3つの「大成スピリット」のもと、建設業を中核とした事業を通じてサステナビリティ課題の解決を図るというサステナビリティ・トランスフォーメーション(SX)を実現し、人々が豊かで文化的に暮らせるレジリエントな社会づくりに貢献することをサステナビリティ基本⽅針としています。
なお、サステナビリティ課題の解決にあたっては、それがリスクの減少のみならず、新たな収益機会にもつながることを認識し、積極的・能動的に取り組むこととしています。

理念体系

「理念体系」詳細はこちら

サステナビリティ経営のフレームワーク

サステナビリティをよりグローバルな視野で捉え、常に国際的な行動規範に則った事業活動を実施しています。グループ行動指針とあわせて、ISO26000(組織の社会的責任に関する国際規格)やGRI(サステナビリティに関する情報開⽰のガイドライン)を参照した活動を推進するとともに、国連グローバル・コンパクトの10原則を支持し、SDGs(持続可能な開発目標)を活動の目標として取り入れた中期経営計画やマテリアリティに基づく事業活動を展開しています。

各種委員会

各種委員会

推進体制

大成建設は、2022年4月1日に、サステナビリティ課題への対応を一元化したサステナビリティ総本部を新設し、同総本部長を当社グループの最高サステナビリティ責任者(CSO)に選任しました。
サステナビリティ総本部内には2つの本部を設置しています。「サステナビリティ経営推進本部」には、カーボンニュートラルに向けた課題解決に加えて、CSRなどサステナビリティ全般に関する戦略機能を一元化し、「クリーンエネルギー・環境事業推進本部」には、クリーンエネルギー・環境関連の事業推進機能を一元化しています。「2030年度100MW の再生可能エネルギー電源保有」に向けた取り組みを加速させるとともに、お客様へ最新の環境技術を提供していきます。
あわせて、社会と当社グループ相互の持続可能性を追求していくという姿勢をより明確にしていくために、2004年から取締役会委員会に設置している「CSR委員会」を「サステナビリティ委員会」に改称しました。当社グループのサステナビリティ活動を、多様な観点から強化していきます。

推進体制

2021年度の委員会の実績

大成建設では、取締役会委員会である「CSR委員会(現サステナビリティ委員会)」を2021年度は、6月、2月の2回開催しました。
2021年度の委員会では、大成建設グループのマテリアリティの改定やTCFD提⾔による情報開示等について議論しました。

主な審査事項

マテリアリティ、企業倫理‧ヘルプライン運用状況、実効性の検証、KPIの設定、TCFD提⾔、統合レポートの編集方針など

委員会メンバー

(2022年4月現在)

委員長 社外取締役
委員 代表取締役社長
代表取締役副社長土木本部長
代表取締役副社長管理本部長
取締役建築総本部長
社外取締役3名
社外監査役1名
オブザーバー サステナビリティ総本部長
サステナビリティ経営推進本部長
事務局 サステナビリティ経営推進本部サステナビリティ企画部

ステークホルダーエンゲージメントと提供する価値

ステークホルダーエンゲージメントと提供する価値

「持続的な価値の提供」詳細はこちら

イニシアチブ

「イニシアチブ」詳細はこちら

サステナビリティ

PAGE TOP