安全が確保される社会の実現に向けて

安全が確保される社会の実現に向けて

方針・基本的な考え方

大成建設グループは、長期環境目標「TAISEI Green Target 2050」において、2050年目標「安全が確保される社会の実現のため、環境リスクがゼロとなる価値の提供」を掲げています。目標達成に向けて、建設副産物の適正管理と環境関連法令遵守による「環境事故ゼロ」(土壌、水質、粉塵など重大な汚染発生ゼロ)の継続に取り組んでいます。また、(一社) ⽇本建設業連合会の建設副産物部会に参加し、他社との情報共有や協働の取り組みを進める等、業界全体での廃棄物削減、資源の有効利⽤に貢献しています。

リスクと機会

建設工事に起因する環境汚染は周辺環境や社会への影響が大きく、環境関連法令の遵守は環境面において最も重要な事項です。建設副産物の適正管理をはじめ、土壌・地下水汚染などの規制に対応した技術の開発や適用、騒音・振動・粉じんなどの周辺環境への影響を抑える工法の推進により、建設工事中の環境リスクを低減します。加えて、洪水や津波などの自然災害に備えるための技術の提供など、ハード・ソフト面から人々の安全が確保された社会の実現に貢献していきます。また、世界では、経済発展や気候変動による干ばつや水不足などの水リスクが顕在化しているため、水ストレス地域での事業活動について水リスクの評価を行っています。

ポリシー/コミットメント

  • グループ行動指針:環境の保全と創造への取り組み
  • 環境方針
  • 環境目標
  • TAISEI Green Target 2050:安全が確保される社会の実現
  • エコ・ファーストの約束
  • 大成建設グループサステナブル調達ガイドライン
  • 大成建設グリーン調達ガイドライン
  • グリーン購入標準ガイドライン
  • 安全衛生方針書
  • 環境重点管理書

目標

TAISEI Green Target 2050

2050年目標「環境リスクがゼロとなる価値の提供」

TAISEI Green Target 2050

環境目標

2030年目標「関連法令遵守による環境事故ゼロ」

環境目標

イニシアチブ

  • 国連グローバル・コンパクト「環境」
  • 建築副産物部会((一社)日本経済団体連合会)
  • 土木副産物部会((一社)日本経済団体連合会)
  • CDP(Water Security)

取り組み

安全が確保される社会の実現に向けた環境ソリューション技術

大成建設は1991年から3,000件を超える土壌調査・浄化対策の実績を有しており、国内外の様々な場所の土壌・地下水環境の安全を確保してきました。土壌・地下水の環境リスクを低減する技術や、建設現場周辺の環境負荷を低減する工法の推進により工事に伴う環境リスクを低減する取り組みを推進しています。

汚染された土壌・地下水をよみがえらせる
  1. 化学分解法
地盤中に特殊浄化剤を混合撹拌し、汚染物質を酸化還元分解し無害化します。
  1. 注水バイオスパージング®
地下水中に空気と一緒に浄化菌を活性化する栄養塩を含む溶液を供給してベンゼンやシアン化合物等を浄化する技術です。
  1. マルチバリア®工法
トリクロロエチレンや六価クロム、フッ素等の様々な複合汚染地下水でも、同時に浄化ができるメンテナンスフリーな工法です。敷地外への有害物質の流出を抑制します。
  1. T-CIM®/SoilReme
調査や対策工事に関わる情報を一元管理し、調査期間を短縮したり汚染土壌の移動に関するトレーサビリティを確保できます。3Dビューワにより関係者間の情報共有・合意形成の迅速化が図れます。
建設現場の周辺環境を守る
  1. テコレップ-Light®
    システム
粉塵・騒音に配慮して超高層ビルを解体する環境配慮型解体工法。超高層ビルの最上部に閉鎖空間を構築し、解体で生じる粉塵・騒音などが周辺環境に与える影響を最小限に抑えます。
  1. TSounds®-Ambience
総合騒音予測システムです。最適な配置計画の立案、環境アセスメントにおける騒音予測、遮音設計や設備機器の防音対策など様々な騒音検討に活用できます。
  1. キトリート®
カニ殻等の水産副産物から製造された生分解性がある天然系キトサン凝集剤「キトリート」で濁水処理が可能です。
災害等から人々を守る
  1. T-FIood® Analyzer
BIMモデルと連携して建物内部の浸水リスクを一目で把握できる評価・診断システム。懸念される浸水リスクへの具体策立案に有効なツールです。
  1. T-Tsunami Viewer®
3D映像による可視化で、広域では津波浸水の解析結果と地形データから波に質感を持たせ、街区では最新の流体解析で複雑な水の流れを再現可能です。
  1. T-Zone Saver®
人員密度の高い場所を検知し、注意喚起警報を発信。場所の人口密度に応じて空調換気量を制御します。
  1. T-LED DUV Light®
深紫外線による空間殺菌灯。デスクの不在を探知し表面殺菌をすることでウイルスを不活性化します。

作業所におけるリスク対策

建設副産物の適正処理と環境法令の遵守を目的に、本社・支店の安全環境部門が、作業所における環境法規制の遵守を社内監査する「作業所環境パトロール」や環境教育・訓練を実施しています。
作業所では「環境重点管理書」に基づき、社員及び専門工事会社を対象に環境教育を行っており、環境事故につながる事例の共有や、石綿やPCBなど有害化学物質の適正管理についての周知、汚染土壌などの適正管理及び浄化の推進などを通して、環境管理の重要性の理解や環境事故防止につなげています。
2021年度の環境パトロール件数は971件で、国が定める法令よりも厳しい目標を設定した点検を実施し指摘件数は181件となりました。そのうち廃棄物処理法などに関連する不適合件数は21件となっており、指摘に対しては是正と予防措置を講じて継続的改善を図っています。
2021年度における土壌、水質、粉じん等、重大な汚染発生はありませんでした。また、環境に関する重大な法令違反はありませんでした。

リスク対応策

種類 対応策(例)
騒音 コンクリート関連作業の夜間作業に際し、近隣連絡を実施
振動 工場内の重機作業について工場休業日での作業に変更
粉じん 工事による粉じんの飛散防止のため、散水、シート装置の対策を実施
水質汚濁 起重機船からの燃料漏洩に対し吸水マットでの回収、再発防止策の実施

建設作業所・事業所における苦情とその対応

大成建設では、作業所などに寄せられた環境に関する苦情に対し、適切な対応措置を講じるとともに、EMSの手順に従って、コミュニケーションシートによる記録・報告を行い、必要に応じて関連部門や全社への水平展開を図っています。
また、市民団体などから寄せられた意見にも適切に対応しています。

環境に関する主な苦情項目調査

データ

環境データ

サステナビリティ

PAGE TOP