イニシアチブ

全般

   

国連グローバル・コンパクト/SDGs

「国連グローバル・コンパクト」は、各企業・団体が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組み作りに参加する自発的な取り組みです。大成建設グループは、2018年4月に国連グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)に参加して人権、労働、環境、腐敗防止の4分野10原則の普及・実践に努めていくことをコミットしています。会員企業として、SDGs(持続可能な開発目標)など世界の課題解決に貢献します。

国連グローバル・コンパクトの10原則

人権 原則1:人権擁護の支持と尊重
原則2:人権侵害への非加担
労働 原則3:結社の自由と団体交渉権の承認
原則4:強制労働の排除
原則5:児童労働の実効的な廃止
原則6:雇⽤と職業の差別撤廃
環境 原則7:環境問題の予防的アプローチ
原則8:環境に対する責任のイニシアチブ
原則9:環境にやさしい技術の開発と普及
腐敗防止 原則10:強要や贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗防止の取り組み

ESG情報開示研究会

大成建設は、2022年8月に(一社)ESG情報開示研究会に入会しました。本研究会は、企業による適切なESG情報開示の在り方に関する研究を通じて、社会の持続的な発展と企業が自らの価値を高め成長することを調和させる仕組みの創造に寄与することを目的としています。本研究会の参加を通じESG情報開示・エンゲージメントのさらなる発展に貢献していきます。

企業と社会フォーラム(JFBS)

大成建設は、企業と社会の関係、持続可能な発展における諸課題について、国内外の学界、産業界、行政、労働界、消費者団体、NPO・NGOが幅広く連携し理論と現場と政策をつなぐ場であるJFBSに参加し、年次大会等で得られた知見をサステナビリティ活動の推進に役立てています。

日本経済団体連合会

大成建設は、(一社)日本経済団体連合会の会員として、「企業行動憲章」の内容を尊重し、同会が目指す「持続可能な社会の実現」に向けた活動を実施し、以下の委員会等に参画しています。

  • 企業行動・SDGs委員会
  • ダイバーシティ推進委員会
  • チャレンジゼロ
  • 循環経済パートナーシップ
  • 建築副産物部会
  • 土木副産物部会
  • 環境安全委員会
  • 経団連生物多様性宣言イニシアチブ
  • デジタルエコノミー推進委員会
  • サイバーセキュリティ委員会 ほか

日本建設業連合会

(一社)日本建設業連合会は、全国的に総合建設業を営む企業及びそれらを構成員とする建設業者団体が連合し、建設業に関わる諸制度をはじめ、建設業界を代表する団体として、建設産業における内外にわたる基本的な諸課題の解決に取り組んでいます。

  • 国際委員会
  • 生産性向上推進本部
  • 建設業の環境自主行動計画
  • 建築技術開発委員会
  • 土木運営会議
  • 安全対策部会
  • 労働委員会
  • 時間外労働削減ガイドライン
  • 週休二日実行行動計画
  • 情報セキュリティ専門部会 ほか

環境

TCFD(Task Force on Climate-related Financial Disclosures)・TCFDコンソーシアム

大成建設は、2020年7月にTCFD提言に賛同し、気候変動が事業活動に与える影響について積極的に情報を開示することとしました。大成建設は本コンソーシアムの会員企業として、TCFD最終報告に基づく開示フレームワークに則った情報開示をしています。

TCFD提言による情報開示

SBT

産業革命前からの気温上昇を2℃未満に抑えるというパリ協定に貢献する「科学に整合する温室効果ガス削減目標(Science Based Targets(SBT)」を企業に求めている2015年に設立した団体(活動)です。大成建設の「TAISEI Green Target 2050」のマイルストーンとなる2つの2030年のCO2排出削減目標に基づく目標が、SBTに認定されています。

CDP

CDPは主要国の時価総額上位企業に対して気候変動に対する戦略や温室効果ガスの排出量等の情報開示を要求し、その回答とスコアを機関投資家が参照するESG評価プログラムで、大成建設は、企業の気候変動リスクに関する情報公開プログラムCDP Climate Changeに回答しています。企業の木材に関する世界的な情報公開プログラムCDP Forestと、企業の水リスクに関する世界的な情報公開プログラムCDP Water Securityの質問書に2022年から回答しています。

社外からの評価:CDP(Carbon Disclosure Project)

GXリーグ基本構想

大成建設は経済産業省が公表した「グリーントランスフォーメーションリーグ(GXリーグ)の基本構想に賛同しています。「GXリーグ基本構想」は、自社の事業およびサプライチェーンでのGHG(温室効果ガス)排出削減に向けた取り組みに加え、製品・サービスを通じた取り組みにより市場のグリーン化を牽引することが求められており、当社はこの取り組みに貢献していきます。

生物多様性のための30by30アライアンス

大成建設は、30by30達成に向けた取り組みをオールジャパンで進めるために設立された「生物多様性のための30by30アライアンス」に参加しています。当社の持つ自然共生技術および環境保全技術の開発と活用により生物多様性保全地域の拡大支援・管理支援に貢献していきます。

TNFDフォーラム

大成建設は、「自然関連財務情報開示タスクフォース(Task force on Nature-related Financial Disclosure:TNFD)」の理念に賛同し、TNFDフォーラムへ参画しています。自然資本および生物多様性にかかるリスクや機会の適切な評価および開示の枠組みの構築を進め、社会全体のサステナビリティの実現やレジリエンスの向上に積極的に貢献していきます。

経団連 「チャレンジ・ゼロ」 への参画

大成建設は、経団連の「『チャレンジ・ゼロ(チャレンジ ネット・ゼロカーボン イノベーション)』」宣言に賛同しています。本取り組みは2020年6月に(一社)日本経済団体連合会が発足したイニシアチブで、日本政府と連携し、気候変動対策の国際枠組み「パリ協定」が長期的なゴールと位置づける「脱炭素社会」の実現に向け、企業・団体がチャレンジするイノベーションのアクションを国内外に力強く発信し、後押ししていく新たなイニシアチブです。
大成建設は脱炭素社会の実現に向け、野心的に挑戦するイノベーションの具体的な取り組みを公開しています。ネット・ゼロエミッション技術の開発へ積極的にチャレンジし、環境と成長の好循環を創出することで、イノベーションを通じた社会課題の解決の実現を目指します。

社会

EcoVadis

EcoVadisは、企業の環境・社会といったサステナビリティ・パフォーマンスを独自のプラットフォームを使って評価する評価機関です。大成建設は、2019年よりEcoVadisへのサプライヤー登録と情報開示を開始しました。

企業市民協議会(CBCC)

大成建設は、企業と社会の関係、持続可能な発展における諸課題について、国内外の学界、産業界、行政、労働界、消費者団体、NPO・NGOが幅広く連携し理論と現場と政策をつなぐ場であるCBCCに参加し、年次大会等で得られた知見をサステナビリティ活動の推進に役立てています。

The Valuable 500

「The Valuable 500」は2019年1月に開催された世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)において発足した国際イニシアチブです。大成建設は、2021年5月7日に、障がい者の活躍推進に取り組む国際イニシアチブ「The Valuable 500」に加盟しました。

Myじんけん宣言

大成建設は、2021年7月に法務省による「Myじんけん宣言」プロジェクトの趣旨に賛同し、誰もが人権を尊重し合う社会の実現を目指し、人権を尊重する行動をとることを宣言する「Myじんけん宣言」を公表しました。

人的資本経営コンソーシアム

大成建設は、経済産業省及び金融庁をオブザーバーとして2022年8月に設立された「人的資本経営コンソーシアム」に参画しています。本コンソーシアムへの参画を通して中長期的な企業価値向上につながる「人的資本経営」の知見を深め、実践していきます。

サステナビリティ

PAGE TOP