TOPICS

  • HOME
  • TOPICS
  • CO2排出量削減効果の評価システム「T-ZCB」を構築、  自社施設での実証を開始

CO2排出量削減効果の評価システム「T-ZCB」を構築、  自社施設での実証を開始

2022年09月09日

大成建設株式会社(社長:相川善郎)は、建築物のライフサイクルにおけるCO2排出量を実質ゼロにするゼロカーボンビルの建設を推進するため、初期計画段階で建築物のライフサイクルCO2排出量及びCO2削減技術の効果を可視化し、建築物の脱炭素化を体系的に評価するシステム「T-ZCB(ゼロカーボンビル)」を構築しました。

2050年のカーボンニュートラル実現に向け、建築物のライフサイクルで発生するCO2排出量(図1参照)を把握し、削減することは、設計・施工者だけでなく建築物を所有・運用するお客様にとっても必要不可欠な取り組みです。しかし、現在、建築物のライフサイクルCO2排出量の削減目標を設定し、その達成状況などを評価するシステムは少なく、特にオフィスや工場などの計画立案時において課題となっていました。
そこで当社は、初期計画段階において、建築物のライフサイクルでのCO2排出量と削減効果を可視化して評価するシステム「T-ZCB」を構築し、お客様の脱炭素化に向けた要求に応える体制を整えました。

本システムの適用により、お客様のCO2排出量削減目標に沿った建設計画の立案を支援し、カーボンニュートラル社会の実現に貢献します。また、現在計画中の大成建設グループ次世代技術研究所の建設において、「T-ZCB」を適用し、その有効性を検証してまいります。

図1:T-ZCB 建築物のライフサイクルにおける排出量イメージ

パンフレット:
CO2排出量削減効果の評価システム「T-ZCB]を構築、自社施設での実証を開始

サステナビリティ

PAGE TOP